<< ドクダミ | main | 暑い夜 >>

梅雨の晴れ間

 野の花時間

川沿いは野の花時間梅雨の晴

一昨日、久しぶりに朝から晴れたので、娘に誘われて市川の江戸川土手を散歩しました。
この写真は、知らない間に、もう一台の超望遠レンズを付けたカメラで、離れた所から娘が撮影したものです。さっき、写真を整理していて発見。ちょっと苦しそうな体勢で、鼻の穴を広げているところがおかしいので、はじめて、ネットに自分の顔のアップをさらしてみました。

この江戸川土手は、野草が豊富なので、たまに野草を探しにくるのですが、この日は、川縁のノイバラとキショウブはすでに終わっていて、クサフジが終わりかけ。土手の斜面には、シロツメクサに交じって、トキワハゼやニワゼキショウ、マンネングサなどが咲いていました(まさに写真を撮ろうとしている右の黄色い花は、マルバマンネングサ)。
北総線の鉄橋の辺まで来たときに雨がぽつぽつと落ちてきたので、バスで帰ろうと思って、川から離れたところ、雨はすぐに上がったので、北原白秋の紫煙草舎がある里見公園を通って、通ったこともない道を歩いて帰ったのです。
これが、ラッキーでした。
途中、一度見てみたいと思っていた八重咲きのドクダミと、さらに珍しいキキョウソウまで見つけてしまいました。
キキョウソウを見るのは二度目ですが、八重咲きのドクダミ(ヤエドクダミ)に出会うのは初めてです。
本では知っていて、一度は出会ってみたいものだと、ドクダミを見るたび念入りに探してみるのですが、これまで一度も出会ったことがないのです。
それが、偶然、雨が降ってきたために、そして雨が上がったために通った道に咲いているなんて、奇跡です。
今年一番の大収穫!これだけで大満足です。
ヤエドクダミは、道沿いの農家の生け垣の下に、キキョウソウは、畑の縁の草むらに咲いていました。

ヤエドクダミ キキョウソウ
▲左はウエディングドレスのようでゴージャスなヤエドクダミ、右は可憐なキキョウソウ。



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
                
links
profile
search this site.
others