<< 冬の道 | main | 冬の鴎-2 >>

冬の鴎

冬の鴎

さて何処へ冬は鴎と風になり

今日は寒い一日で、こんな日は、干潟にユリカモメがたくさん来ていることが多いのですが、今日は出かけられず、一日中パソコンとにらめっこ。
この写真は、数年前に撮ったもので、当時はまだ、鳥がたくさん飛んできました。
杭すれすれまで潮が満ちてきて、もう少しすると、杭は水面下に沈んでしまい、鴎はどこかに飛んでいきます。



コメント
ふふ、たくさんの鴎が皆同じ方向を向いているのが不思議ですね。
干潟を渡る風と鴎に冬を感じられた無一様、
さてどのようにこの冬を過ごされるのでしょう。
さて何処へ・・・もう目的地はお決まりとお見受けします。
句を真ん中へ持ってこられたのは、たんに収まりの問題?意図があれば教えてくださいませ。
  • かずえ
  • 2011/11/16 1:22 AM
つい最近までは、もう何もしたくないと思っていたのですが、不思議なもので、もう一度昔の仕事をして見ようと思ったとたんに、思いがけない人から仕事の電話があったり、昔の仲間から忘年会の誘いがあったりして、なんだか、周りが少し活気づいてきたようです。
この冬は、ぼつぼつ仕事をしながら、社会復帰のリハビリと言ったところでしょうか。
句を写真の真ん中に持ってきたのは、単純にデザイン的に、鴎と俳句で十字型にしたかっただけですよ。
  • 無一
  • 2011/11/17 8:34 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
                
links
profile
search this site.
others